記事一覧

カーペンターは、外洋でのダイビングには不向きでも、宇宙を飛ぶために適した腕時計を選んだのである。

ブライトリングはスコット・カーペンターの飛行のために初代コスモノートを提供しており、グレゴリー・ブライトリング氏は、会社がこの時計の所有権を保持していると考えている。カーペンターは、海上で水浸しになり修理や保存が必要なこの時計をブライトリングに送り返したのだ。

ブライトリングコピー ナビタイマーコスモノート 世界限定1962本 A020B59KBA タイプ 新品メンズ

ギャランティー1962年のマーキュリー計画に参加したスコット・カーペンターの為に開発された「コスモノート」。宇宙空間でも0時と12時を混同する事がないように、一周を24時間表示で設計されたモデルです。こちらはちょうど50年後の2012年5月24日に発売されたリミテッドエディション。初代モデルへのトリビュートから、生産本数は宇宙に飛び立った年にちなんだ1962本になっています。最大の注目ポイントは、久々となるファン待望の手巻き式を採用したこと。宇宙で使う前提のこのモデルに自動巻きは無粋ですよね。ケースバックにはオーロラ・セブン号のエンブレムが刻印され、雰囲気を盛り上げるのに一役買っています。

時計を受け取ったウィリー・ブライトリングは、あるジレンマに直面した。時計を分解し、水によって損傷した部品(ダイヤル、針、ムーブメントなど)を交換し、完璧な外観の時計に組み立てるのは簡単なことだっただろう。オーロラ7号の飛行後すぐに最初のコスモノートが製造されたため、ブライトリングは必要な部品をすべて持っていたはずだ。つまり、損傷した部品がすべて新しく「交換」されたなら、「飛行した」時計とは、飛行した「ケース」になってしまうのだ。

グレゴリー・ブライトリング氏は、ウィリー・ブライトリングがこの時計を見たとき、再構築や修復をしてはならない「神聖な」歴史の一片を手に入れたことに気付いたと回想している。この時計は1962年5月24日の午後21時46分に停止したが、それはアメリカの宇宙開発、そしてブライトリングとスイス時計産業の歴史において重要な瞬間だったのだ。この時計は、カーペンターが飛行中に着用し、救助されるまで動き続けていたものだ。「オリジナル」であり、ほかのすべての時計と同様に、手を加えないことでしか真のオリジナルにはなり得ないものだった。ウィリー・ブライトリングは、この神聖な時計に手を加えず、時計内部の汚れも落とさず、風貌のクリーニングもしないことを選択した。

【関連記事】:2022年には、のバッグも話題となりました。

トラックバック一覧

コメント一覧