記事一覧

これらの時計は、ロレックスのケース、ブレスレット、リューズを使用していた。

ほぼ例外なく、ロレックスが先陣を切り、チューダーはより手頃なパッケージで同様のデザインの時計を発表して追随している。昔はチューダー プリンス(ロレックスのオイスター パーペチュアルのお手頃版)やチューダー サブマリーナー(これは各自で考えてください)のような時計があったと思う。これらの時計は、ロレックスのケース、ブレスレット、リューズを使用していた。実際のところ、唯一わかる違いはダイヤルのロゴと内部のムーブメントだけだった。

それから数十年が経ち、チューダーはアメリカ市場から姿を消したが、2012年、ブラックベイ(BB)が誕生した。ETAのムーブメントを持つこのヴィンテージ風ダイバーズウォッチは、かつてのチューダー サブマリーナーの精神を受け継ぎながら、がっしりとしたケース、ガードレスリューズ、アプライドインデックスによるややモダンなダイヤルレイアウトによって、独特の美学を表現している。つまり、チューダー サブマリーナーのカーボンコピーではないが、その系譜は明らかである。

そして2018年、赤と青のベゼル、スノーフレーク針、スノーフレークGMT針を備えたチューダー BB GMTが登場したのである。ここで、今日のトピックに近いところに誤りが生じる。チューダーの製造の歴史において、GMTウォッチは存在しなかった。この時計は明らかに、そして極めて意図的にセラクロムのバリエーションに取って代わられたアルミニウムベゼルのロレックス GMTマスターへのオマージュであったのだ。簡単に言えば、ブラックベイ GMTはロレックスのGMTマスターとまったく同じではないけれど、いやはや、十分に似ているのだ。

チューダー ブラックベイ クロノダーク 79360DK

機械 自動巻き
材質名 ステンレスPVD加工
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ブラック
ケースサイズ 41.0mm
機能 クロノグラフ
デイト表示
チューダーがオフィシャル・タイムキーパーを務める『ラグビーワールドカップ2019』。
こちらの【79360DK ブラックベイクロノダーク】はチュードルが2017年からパートナーシップを締結するラグビーのニュージーランド代表の『オールブラックス』に敬意を表して作られたスペシャルモデルです。
1884年の創立から今日までオールブラックスに選出された1181人に合わせた個数のみで初回分は生産され、今後については新しい選手が選出されるたびに追加生産される予定とのことです。

そして2022年、スイスのジュネーブでWatches & Wonders 2022を迎えた。そこでフォースターと私は初めて BB プロを目にしたのだ。まず目についたのはダイヤルの水深表示の文字と、スティールベゼルとGMT針の“オレンジなのか黄色なのかわからない”色褪せたモチーフの組み合わせだった。これは初代エクスプローラーⅡに存在したもので、私にとってはなじみのあるコンボだった。

【関連記事】:マルニ ピクニックバッグ 偽物 見分け方

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー