記事一覧

<クレドール>「Linealx(リネアルクス)」より、 伝統工芸「木目金(もくめがね)」をダイヤルに採用した 限定モデルを発売

<クレドール>「Linealx(リネアルクス)」より、伝統工芸「木目金(もくめがね)」をダイヤルに採用した限定モデルを発売


特徴】
吉兆とされる雲「瑞雲(ずいうん)」をモチーフにした木目金ダイヤル
高く評価された2019年発売のモデルと同様に、株式会社 杢目金屋(もくめがねや)代表取締役の髙橋正樹氏監修のもと、木目金技術をダイヤルに採用した第二弾の限定モデルです。幻想的な「瑞雲」をモチーフに独創的な木目のダイヤルデザインに仕上げています。「瑞雲」とは光彩を帯びた彩雲と呼ばれる珍しい雲の総称で、古来より吉兆を表すとされています。卓越した技術を持つ職人によって1 枚ずつ手作りされることで生み出されるダイヤルの風情ある表情は、希少性が高く、結婚の周年記念や節目の贈答品にも相応しい一品です。


メンズモデルは昼の瑞雲をデザインテーマにシックな印象にまとめ、レディスモデルは夕暮れ時の瑞雲をデザインテーマに、華やかな表情に仕上げています。使用する貴金属プレートは、メンズが12層、レディスは13層とその種類と量を変えて製作し、3時位置のカレンダー窓に金属の重なりを見ることができます。

クレドール専用の自動巻メカニカルムーブメント



メンズ用のキャリバー「6L75」は、自動巻ムーブメントとしては当社最薄となる厚さ3.69mmです。オーデマピゲ 時計 メンズレディス用キャリバー「2L75」は、小型ながらもパワーリザーブ約50時間以上という持続時間を備えています。それぞれの回転錘はダイヤルの雰囲気に合わせた本作だけの特別仕様になっており、メンズはルテニウムめっき(※1)、レディスは金色めっきで仕上げています。

歴史に貫かれる創造と革新の精神。 Clé de Cartier(クレ ドゥ カルティエ)誕生


に開催されたSIHH(ジュネーブサロン)において、カルティエより発表された、メゾンの4つ目となる新たなアイコン ウォッチ コレクション「Clé de Cartier(クレ ドゥ カルティエ)」が、2015年4月18日(土)より、eブティックおよびカルティエ直営の5つの路面店にて販売されます。



A NEW SHAPE IS BORN
Clé de Cartier
カルティエの歴史に貫かれる創造と革新の精神。

  その精神は数々の技術的な進歩をもたらし、長い時計製造の歴史の中で多くの斬新で独創的なフォルムを生み出してきました。ウブロ時計ラクマいつの時代においても先進的なそのスタイルは、ウォッチメイキングの世界において際だっています。


  カルティエを代表するタイムピース、角形の「サントス (1904)」、長方形の「タンク(1917)」、丸型の「バロン ドゥ カルティエ(2007)」に続き、メゾンの4つ目の新たなアイコン ウォッチとして誕生した「クレ ドゥ カルティエ」は、シンプルを極めたモダンなフォルム、“クレ=仏語で鍵” と称された独創的なリューズ、そして、メゾンの誕生年「1847」を名前に冠した自動巻き新ムーブメントを搭載しています。それぞれの要素がひとつとなってこの上ない完成度を実現し、普遍的、且つ究極に洗練されたタイムピースです。

「クレ ドゥ カルティエ」はeブティックおよび以下の路面店で2015年4月18日(土)より販売されます

ロンジンがJRAとのパートナーシップ契約を更新。 ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 第35回ジャパンカップ(G)(国際招待)を発表


東京(日本)/サンティミエ(スイス)、− ロンジンは日本中央競馬会と共同で、2015年11月29日に東京で開催されるジャパンカップについて、ロンジンのパートナーシップ契約更新を発表します。この契約の一部として、ロンジンはレースの公式パートナー、公式タイムキーパー、および公式時計となり、今年はロンジン エレガンスアンバサダーであるアンドレ・アガシが出席します。ロンジンはさらに、最もエレガントな女性に与えられる、ロンジン エレガンス賞のコンテストで、エレガンスとスタイルを称えます。

  ロンジンは日本中央競馬会と共同で、ロンジンがジャパンカップのパートナーシップを務めることについて、契約更新を発表。これにより、ロンジンは再び、2015年11月29日、日曜日に開催されるこのレースの公式パートナー、公式タイムキーパー、および公式時計となります。その折、ロンジン エレガンスアンバサダーであるアンドレ・アガシを東京に迎えることは、ロンジンにとって大変光栄です。さらに、ロンジンのブランドカラーであるブルーの衣装を身に付けた、最もエレガントな女性にロンジン エレガンス賞が与えられます。



1981年に創設され、今回、ロンジンのパートナーシップのもと開催されるジャパンカップは2400メートルの芝コースで行われる3歳以上の競走馬を対象とした国際G1レースです。当日行われるこの最も重要なレースにちなんで、開催日の正式名称が決定されました。この国際的に重要な乗馬イベントに参加できることは、ロンジンにとって大きな栄誉です。


  ロンジンがパートナーを務めるジャパンカップは、公式時計としてロンジン マスターコレクションの良さを理解していただく、最高の機会になります。3世紀にわたって積み重ねてきた、時計製造の専門知識と経験がロンジン マスターコレクションを支えています。この時計は、本質的な質の高さと均整のとれたデザインがもたらすスタイルで有名です。ロンジン マスターコレクションの時計は洗練されたシルバーの文字盤にクロノグラフとムーンフェイズのディスプレイ、ステンレススティールのケースと自動巻にメカニカルムーブメントが見えるシースルーのケースバックを装備しています。


  ロンジンは1世紀以上にもわたり乗馬スポーツのパートナーとなってきました。今日におけるロンジンと乗馬界との関わりはフラットレース、障害馬術、総合馬術競技、エンデュランス競技に及びます。


  ロンジンは、ロンジン ディアヌ賞、カタール凱旋門賞、ロイヤル アスコット、ロンジン香港国際競走、ロンジン シンガポール ゴールドカップ、ドバイワールドカップ、ロンジン提供アミル殿下トロフィー、ロンジン クイーン エリザベス ステークス、メルボルン カップ カーニバル、ロンジン バーデン大賞、ブリーダーズカップ、ロンジン ケンタッキー オークス、三冠のひとつであるケンタッキーダービー、南米ロンジン グラン プレミオといった世界で最も権威あるレースのパートナーを務めていることから、このパートナーシップによってフラットレースにおけるロンジンのプレゼンスはさらに高まります。


  ロンジンはまた、国際競馬統括機関連盟(IFHA)の公式パートナー兼公式時計でもあり、「ロンジン ワールドベストレースホースランキング」、「ロンジン ワールドベストレースホースタイトル」のほか、「ロンジン ワールドベストジョッキー賞」にブランド名をつけています


  1832年の創業以来、スイスのサンティミエに拠点を構えるロンジンは、「伝統」と「エレガンス」、そして技術面での「性能」を最大限に活かし、優れた時計を生み出しています。ロンジンは、数多くの世界的なスポーツイベントの公式計時の製造メーカーであり、また国際的なスポーツ連盟のパートナーとして、長年に渡り豊富な実績を築いてきました。「翼の砂時計」をブランドロゴとして有するロンジンは、世界最大のウォッチ マニュファクチュア スウォッチグループのメンバーであり、現在、140カ国以上でビジネスを展開しています。

LONGINES(ロンジン) ロンジンがJRAとのパートナーシップ契約を更新。 ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 第35回ジャパンカップ(G)(国際招待)を発表

手元を知的に、エレガントに見せる!「カルティエの時計」5選

自分のスタイルを雄弁に語る時計こそ、最愛をそろえたい
時を知るという実用の域を超え、時計にこそ身につけている人の美意識が宿るもの。だからこそ、シーンに合わせてこだわり抜いた、自分を語る時計を選ぶのが真のおしゃれといえるのです。

例えば、ビジネスの場面ではシンプルで上品なデザインを。また、フォーマルなパーティでは視線を集めるような優美な時計を選んで…。

ひとつの枠にとらわれることなく、柔軟なおしゃれを楽しむ女性にふさわしい、カルティエの名時計を5つ、ご紹介します。

エレガンスと知性を備えた「名品」と称されるカルティエのタイムピースたち


時計 1.「ベニュワール」¥3,360,000【ホワイトゴールド×ダイヤモンド、ケースサイズ:縦32×横26mm、クオーツ、SM】・2.「ベニュワール アロンジェ」¥2,690,000【ピンクゴールド、ケースサイズ:縦47×横21mm、手巻き、MM】・3.「バロン ブラン ドゥ カルティエ」¥1,350,000【ピンクゴールド×ダイヤモンド、ケース径:26mm、クオーツ】(カルティエ) [Precious2019年9月号111ページ]
■1:美しく煌くダイヤモンドと、ネイビーブルーのアリゲーターストラップが魅力の「ベニュワール」
存在感が光る、なめらかなオーバルのシェイプが、手元の仕草までをも優美に見せます。カトリーヌ・ドヌーヴや、ロミー・シュナイダーなど、銀幕の女優に愛された名品時計が進化を遂げて登場。

■2:ウィットが光るデザインは、カンバセーションツールにも。「ベニュワール アロンジェ」のケースを引き伸ばしたような粋なデザイン。その「ベニュワール アロンジェ」から、ベゼルにピコと呼ばれる円錐状のスタッズを敷き詰めて優美な面持ちをした新たなモデルが登場しました。

■3:ラウンドのフォルムとグレーのアリゲーターストラップで、端正な着こなしにもフィットする「バロン ブラン ドゥ カルティエ」
ラウンドケースのハンサムな時計「バロン ブルー ドゥ カルティエ」から派生。曲線が美しいゴールドのベゼルに大粒のダイヤモンドを印象的に配し、フェミニンな魅力を備えたデザインに。